集合住宅

投資するなら一棟売りアパートに注目|安定した収入を得られる

初心者は腕試しが必要

集合住宅

マンション投資は今非常に人気のある投資方法です。サラリーマンでも簡単に実施できます。低金利時代で与信枠が拡大している中では、ローンで購入することも一つの方法ですが、初心者は空室のリスクなどを考慮し物件か買うの安い表面利回りの高い物件を選ぶことをおすすめします。

詳細

賃貸経営のパートナー

つみき

賃貸保証会社は、入居者に家賃滞納があった場合、立て替え払いをしてくれ、督促も行なってくれるため賃貸経営をするには利用したい会社です。また、独自に審査をしてくれますから、入居者が問題を起こす可能性が軽減されますので、その点においても利用は有意義です。

詳細

今が投資のチャンス

男性

安定した収入が見込めます

銀行の金利が底値でなおかつ、不動産価格も底値と今が絶好の投資タイミングです。そんな中、人気があるのが一棟売りアパートです。一棟売りアパートとは、その名の通り、アパート一棟まるまると買うというものです。新築のアパートもあれば中古のアパートもあり、都市部、地方部共に、物件は豊富です。これから2020年のオリンピックに向けて、景気が上向いてゆく可能性があり、投機目的で買うのも一つの手です。一棟売りアパートの魅力は、なんといっても安定した収入が見込めるということです。都市部では特にアパートの需要は、不足傾向にあるので借り手はたくさんいます。その為、入居者が途絶える可能性が低く、長期的に安定した収入が見込めます。

初期投資が抑えられます

一棟売りアパートで初期投資を抑える方法として、中古アパートを買うという選択があります。中古になるだけで、元値の半額以下で買えるものもあります。中古といっても10年も20年も前の物件ばかりではないです。5年前といった新築に近い物件もたまにでることがあります。こういったお宝物件というのは、市場にでるとすぐに売り切れてしまうので、不動産屋さんにこまめに足を運んで情報を集めることが手に入れるための秘訣です。中古アパートで初期投資を抑えて浮いたお金で、リフォームするというのも一つの方法です、最近人気のオール電化にするだけで、入居率が2倍になったという事例もあります。一棟売りアパート投資は、いかに、お客様のニーズを掴むかが重要なことです。

他人に貸し出せます

婦人

リロケーションは期間限定で、自分の持家を他人に貸し出す事です。長期間の転勤などで住宅を留守にしてしまうと、税金の支払いだけが発生しますし、住宅も劣化していってしまいます。リロケーションを行う事によって収入も得られますし、住宅の劣化も防ぐ事が出来るのです。

詳細