賃貸経営のパートナー|投資するなら一棟売りアパートに注目|安定した収入を得られる
婦人

投資するなら一棟売りアパートに注目|安定した収入を得られる

賃貸経営のパートナー

つみき

家賃を保証

賃貸経営をする場合、賃貸保証会社を利用するべきだと言えます。賃貸保証会社を利用するメリットは、何と言っても家賃を保証してくれることです。入居者に家賃の滞納があった場合、そのことを連絡すれば、直ちに賃貸保証会社は家賃の立て替え払いをしてくれます。従って、賃貸保証会社を利用すれば、少なくとも入居者がいる限り、収入の安定は確実に保たれるのです。また、家賃の滞納があると、督促などといった業務をせざるを得なくなります。そういった業務は、当然、大きな負担となります。その点、賃貸保証会社を利用していれば、そういった業務は賃貸保証会社が行います。そのような意味でも賃貸保証会社を利用すれば、精神的に余裕を持って賃貸経営が行えるのです。

独自に審査

精神的な余裕ということに関して、もう1つ特筆しておくべきことがあります。それは、賃貸保証会社が独自に入居者の審査をするということです。家賃を滞納するということは、何かしらのトラブルを抱えていると推測できます。そして、そのトラブルが事件性があるなどといった、重大なトラブルだということも、最悪の場合、考えられます。もし、入居者が大きな問題を起こしたとしたら、物件の評判が下がってしまう可能性があります。そればかりか、貸主の人間性を疑われてしまう可能性もあります。また、その他のことでも心労が絶えないことが容易に想像できます。そうならないために自ら審査を行うのですが、より多くの目で審査をした方が確実ですから、独自に審査を行う賃貸保証会社の存在は有意義なのです。